top of page

スクラムからほつれる。関大、4連敗。【Go To 100 year 鎮勝也のマッチレポート】

 ★2022年ムロオ関西大学ラグビーAリーグ第4節。近大戦。

 10月23日(日)。午後2時キックオフ。晴れ/微風。天理親里ラグビー場(奈良)。

 得点=19-60(前半0-29)。3T2G×9T6G1PG。

 ※関大は4節終了段階で0勝4敗。勝ち点1の7位。






 関大はスクラムの効能を思い知らされた。前半9分、近大に奪われたのは、「ST」。いわゆる、スクラムトライによって両チームを通じて最初のスコアを許した。


 ファースト・スクラムはその1分前、レフリーの米倉陽平が首を抜くしぐさをする。重圧に耐えかねた。近大はペナルティーを得て、再度スクラムを選択した。関大は最終の5メートルほどを押し切られてしまう。


 主将の池原自恩は試合後の記者会見で敗因を絞り出す。

 「セットプレーです」

 この近大戦では特にスクラムと解する。この前半9分を皮切りに、失ったトライは計9本。紺白はブルーに19-60と大差負けする。


 これで開幕から4連敗の7位。勝ち点は第2節、同大戦(25-26)で得た1のままだ。目標の大学選手権出場は絶望的。今年は関西リーグの上位3校までしか出場できない。





 スクラムの劣勢は試合全般に影を落とす。最初のSTがスクラムの「表」なら、3本目、前半27分の失トライはその「裏」が使われた。押し返しに注力した瞬間、虚を突くようにBK展開。関大はブレイクが一瞬遅れる。その一次攻撃であっさり決定力のあるWTB三島琳久にインゴールを陥れられた。


 スクラムに関して監督の森拓郎は唇をかむ。

 「ウチもやっているのですが…」

 ヘッドコーチの園田晃将は補足する。

 「2年前から時間をかけるようになりました。今年は週に4、5回、多い時は1時間以上を費やします」

 この時間はもうひとつのセットプレー、ラインアウトも含まれる。





 関大は従来、アンストラクチャーのラグビーを磨いてきた。ボールが展開されてからの攻めである。こぼれ球をつなぎ、一気に自陣からでも逆襲する。ただし、展開のスタートが崩壊すれば、乱戦からの攻めは難しい。そして、相手はその脆弱さを突いてくる。


 そのことを指導者たちはわかっている。だからこそスクラムを軸にしたセットプレーに力点をかけはじめた。ただ、その強さを会得するのには時間を要する。


同じAリーグに属する京産大のスクラムは有名だが、このチームは大西健が監督に就任した1973年(昭和48)から強化を続けてきた。総監督をつとめた横田昌治(故人)が8対8のスクラムの上で寝そべり、8人が一枚岩として水平になっていることを確かめたり、3時間ぶっ続けで組み合いを続けてきた。半世紀の歴史、いわゆる伝統がある。


 指導者や選手たちがその辛抱を続けられるか。頂点を目指すのにアクセスはいくつかあるが、近道はない。


 この近大戦は戦い方にも疑問符がついた。後半、先制したのは関大だった。4分、ラインアウトの列を交替SHの溝渕元気が割る。トライを挙げ、ブースターにふさわしい動きを見せた。SO池澤佑尽のゴールキックも決まり、7-29と追撃ののろしを上げる。





 ところが6分後、敵陣22メートル付近でオフサイドの反則をもらいながら、3点のショットを選択せず、タッチラインアウトからのトライを狙った。最終的にはノックオンを犯し、加点はならなかった。


 その判断をした時、近大のOBは「えっ」と声を上げた。社会人で競技を続けている選手である。関大には池澤がいた。左中間ではあったが、右利きだけに巻き込みながら決めやすい。後半開始から連続の加点なら相手に与えるプレッシャーも違ってくる。


 ペナルティーゴールの利点は相手を考えず加点できること。チャージはできない。蹴り手は自分や自然条件のみと戦えばよい。ラグビーは得点0から始まる。点数の積み上げがないと勝てない。たかが3点と思うか、されど3点と思うのか。


 ここで加点していれば、差は19点。連続でトライをとれば、背中は見える。何より大切なのは、「よい流れは守る。悪い流れは断ち切る」ということである。後半の先制トライで主導権は握った。ここはさらに流れを我がものに引き寄せたかった。


 前節の京産大戦では前半3分、SO佐藤泰我がPGを決めた。先制をした。結果的に19-99と大差で敗れたが、あの選択は正しかった。まず流れをつかもうとした。ただ相手にはその流れをものともしない力があった。


 近大戦後、協会関係者は話している。

 「あの京産大の負けから1週間でチームを立て直せ、というのは関大にとって酷ですな。どのチームもイコール・コンディションやけど、せめてもう少し時間があればね」

 対戦カードは前年の勝敗で決められる。今年は別のチームだけに、対戦の妙は起こりうる。大事なのは同情者はいる、という点だ。


 幸いなことに、関大にとって次は3週間空く。次戦は11月13日(日)、相手は摂南大。神戸ユニバー競技場で11時45分のキックオフである。


 この3週間の空きというのは元々、コロナ対応のため、どのチームにも入れられた。患者が出た場合、代替試合を入れるためである。この期間が今のチームにとってはとてもありがたい。仕切り直しができる。


 関大はこれまで4節の反省点を洗い出し、備えていきたい。ケガ人も戻って来る。次の第5節は満を持して臨みたい。





◇近大戦先発メンバー

1河瀬拓磨(関大北陽④)

2今井虎太郎(尾道④)

3細矢一颯(関大北陽③)

4中薗拓海(関大北陽③)

5中村豪(常翔学園①)

6奥平一磨呂(東海大仰星①)

7岩崎友哉(関大北陽③)

8池原自恩(関大一❹)

9末井健将(報徳学園③)

10池澤佑尽(東福岡③)

11澤口飛翔(御所実③)

12米虫悠輔(関大北陽②)

13藤原悠(大阪桐蔭④)

14遠藤亮真(東福岡①)

15山村英毅(関大北陽④)

◇入替 後半0分=河瀬→杉原絃太(大産大附③)、今井→垣本大斗(石見智翠館③)、中村→福島蒼(大産大附④)、末井→溝渕元気(大産大附③)。同17分=藤原→石川海翔(大産大附②)。同22分=岩崎→雨谷陸椰(常翔学園③)。同25分=細矢→平尾啓太(大阪桐蔭①)。同29分=遠藤→大坪勇太(久我山④)。※白抜き数字は主将。


(文責:鎮勝也)


最新記事

新春を迎え皆さまに於かれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。 旧年中はOB・OG会の活動に多大なるご支援を賜りまして誠に有難うございました。 本年は関大ラグビー部にとりまして創部100周年という大きな節目の年を迎えます。現在、OB・OG会では現役スタッフと協力しながら節目の年に相応しい催しを企画しております。詳細が確定致しましたら皆さまにご案内させていただきます。 また、創部100周年特